ぽかぽか温泉

北温泉旅館の内部を探検

2011年03月08日

"山形魂…神楽坂の裏路地で古民家暮らし。

軋む木の廊下。

増築や改装を繰り返した館内は、まるで迷路のような異空間。
古いだけではない、素敵なお宿。歩いているだけで、不思議と出会えます。

"山形魂…神楽坂の裏路地で古民家暮らし。

怪しげなお土産売り場には、なぜか骨董のお面が。

"山形魂…神楽坂の裏路地で古民家暮らし。

どっか向いてます。

ストーブの置かれた土間に、大きなソファの置かれたロビー。

"山形魂…神楽坂の裏路地で古民家暮らし。

"山形魂…神楽坂の裏路地で古民家暮らし。

趣きよし。

ちゃっかり猫も住んでます。公式HPによるとインターネットも使える様子。
ちなみにソフトバンクとドコモの携帯は圏外。それがまた、非日常感があり良いのですが。

もちろん、廊下や食堂は禁煙です。

"山形魂…神楽坂の裏路地で古民家暮らし。

階段は急すぎて笑えます。

"山形魂…神楽坂の裏路地で古民家暮らし。

食堂にも趣きのある箪笥があります。

"山形魂…神楽坂の裏路地で古民家暮らし。

洗面台からは、水が流れ続けています。

"山形魂…神楽坂の裏路地で古民家暮らし。

冬期間は、水を出しっ放しにしないと凍ってしまうのだそう。
トイレはこんなん。

"山形魂…神楽坂の裏路地で古民家暮らし。

水、凍ってました。

素泊まりは1泊4500円、湯治客向けで自炊もできるそう。
食事付きで1泊7500円~9500円。梅の間が昭和、竹の間が明治、松の間が江戸安政の建物。
旅館というのは古ければ安いみたいだけど、ほんと素晴らしいわ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。




Top