廃墟

奥多摩ロープウェイ 川野駅

2011年09月22日

山形魂…神楽坂の裏路地で古民家暮らし。

誰が置いたんだろ。

週末に時間ができたので、
興味のあった奥多摩のロープウェイ駅に行った。

コチラが目的の川野駅。

山形魂…神楽坂の裏路地で古民家暮らし。

既に立派な廃墟となっている。
ちなみにネットで情報が出てくるくらい、廃墟好きにしてみたらメジャーな場所らしい。

中は程良く荒廃している。

正面玄関を入ってすぐの場所。

山形魂…神楽坂の裏路地で古民家暮らし。

たいへんにフォトジェニックな空間。
元は券売所だったのかな。

山形魂…神楽坂の裏路地で古民家暮らし。

スツールに蔦が絡まる。

山形魂…神楽坂の裏路地で古民家暮らし。

窓ガラスは割れているので、風も抜ける。

山形魂…神楽坂の裏路地で古民家暮らし。

錆びて原型をとどめていない金庫と、来訪者が置いたであろう灰皿。

山形魂…神楽坂の裏路地で古民家暮らし。

階段手前にあるこの囲いの中で、チケットを切っていたのかな。
畳が立て掛けられ、引き戸が横たわる。

山形魂…神楽坂の裏路地で古民家暮らし。

プレートは当時のまま。

山形魂…神楽坂の裏路地で古民家暮らし。

昭和なフォントが良いね。
○走連盟などのいたずら書きがある。
恐ろしく静かな場所なのに、奥多摩周遊道路をかっ飛ばすバイクの排気音が館内に響く。
これほど都心を離れても、騒音に悩まされるのね。

住むのは無理だなーとか考えながら階段を下る。

山形魂…神楽坂の裏路地で古民家暮らし。

階段脇には、和室の面影を残した部屋があった。

山形魂…神楽坂の裏路地で古民家暮らし。

窓の外の緑を受け、室内に入る太陽光は全て緑を帯びている。

山形魂…神楽坂の裏路地で古民家暮らし。

スチールサッシに蜘蛛の巣と蔦が絡まる。

山形魂…神楽坂の裏路地で古民家暮らし。

ソファに座る気は起きない。
和室の隣がトイレ。
木造建築だったら、既に朽ちているのだろうな。

山形魂…神楽坂の裏路地で古民家暮らし。

鏡は馴染んでいるけど、後から持ち込まれたようだ。
ただ鏡は割れても鏡で在り続けるんだな。

山形魂…神楽坂の裏路地で古民家暮らし。

人の生活圏にあるのなら、既に捨てられているだろうに。
トイレのあたりを外から見る。

山形魂…神楽坂の裏路地で古民家暮らし。

不揃いの窓。
乗り場にはゴンドラが1機、当時の姿で残っている。

山形魂…神楽坂の裏路地で古民家暮らし。

「くもとり」という名を与えられていたらしい。

山形魂…神楽坂の裏路地で古民家暮らし。

レバーを触らずとも、中へは入れる。

山形魂…神楽坂の裏路地で古民家暮らし。

座れない椅子が2脚。

山形魂…神楽坂の裏路地で古民家暮らし。

乗ると少し揺れた。
ここの駅名は「かわの」。

山形魂…神楽坂の裏路地で古民家暮らし。

奥多摩湖を挟んで対岸には三頭山口駅がある。

山形魂…神楽坂の裏路地で古民家暮らし。

続いて乗り場を見渡せる運転室へ。

山形魂…神楽坂の裏路地で古民家暮らし。

運転室は暗く埃を被っていて、何がなんだかわからない。

山形魂…神楽坂の裏路地で古民家暮らし。

機械室に降りてみる。

山形魂…神楽坂の裏路地で古民家暮らし。

窓際は明るい。

山形魂…神楽坂の裏路地で古民家暮らし。

ハシゴを下ると大きな機械の置かれた、広い空間へと出られる。

山形魂…神楽坂の裏路地で古民家暮らし。

すこぶる大きなモーターのようだ。

ココで予期せぬ悲鳴が聞こえた。

アアァア!!マセン!!!!

ビクッと体が反応し、
息を潜めて辺りを見回す。
が、誰もいない。

耳をすますと嫌な気配を感じる。
こんな時一人で来るもんじゃないと思うが、もう既に手遅れ。
やり直しはできない。
膝のガクガクが止まらない。

このヘタレ膝め!と心の中でつぶやき、全てを膝のせいにしてみる。
しばしの沈黙のあと、悲鳴の主が姿を現せた。

身長は175cmくらい、体重60kg程度。
年齢は35歳位の赤いジャンパーを着た男性。

たぶん只の廃墟マニア。

僕の存在に気づかずに内部に入り、
僕の姿を見て悲鳴を上げたらしい。

で、その悲鳴で僕が驚いたという、
なんとも言えない残念なお話。

建物の外にヘルメットとバッグを置いてたのになー。
バツが悪かったようで、会話を交わすこともなく、彼は携帯電話で何枚か写真を撮った後すぐに、いなくなっていました。

以降も膝の震えは止まらず。

気を取りなおして、改めてモーターを見てみる。

山形魂…神楽坂の裏路地で古民家暮らし。

ハシゴがあるので登ってみる。

山形魂…神楽坂の裏路地で古民家暮らし。

工業系のランプ。

山形魂…神楽坂の裏路地で古民家暮らし。

今ならオシャレに見える。

山形魂…神楽坂の裏路地で古民家暮らし。

山形魂…神楽坂の裏路地で古民家暮らし。

上から見下ろすと、ちょっと怖い。

山形魂…神楽坂の裏路地で古民家暮らし。

運転室の裏には頼りない階段がある。

山形魂…神楽坂の裏路地で古民家暮らし。

運転室の上にもハシゴを使って登ることができる。

山形魂…神楽坂の裏路地で古民家暮らし。

ゴンドラを上から眺める。

どういった経緯でこの様な姿になったのかは、
僕にはわからない。でも、今日も鉄塔は元気だよ。

山形魂…神楽坂の裏路地で古民家暮らし。

自然が人工物を飲み込んでいく美しさが味わえる。

廃墟探訪はステキな趣味となるのか、それともただの悪趣味で終わるのか。

どうなんだろ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。




Top