古民家生活(神楽坂)

井戸端会議

山形魂…神楽坂の裏路地で古民家暮らし。

家の裏には古井戸があるの。

庭の水やりなんかで、日常的に使っていたのね。

その井戸に異変が起こった。

雨上がりの朝、お隣にお住まいのお母さんが訪ねてきた。

井戸の下に穴が開いていて危ない事になっているから、入れないように紐を渡そうと思うんだけど、敷地の柵に掛けてもいい?

井戸には穴が開いていた。

山形魂…神楽坂の裏路地で古民家暮らし。

深さは3-4mくらい。

今まで良くも気づかなかったもんだ。

お隣のお母さんのお母さんが子供の頃からあったのだそう。

日曜に大穴が発覚したので、

月曜に役所に問い合わせてみるのだそう。

ご近所さんが集まって、これぞ正に井戸端会議。

後日、

山形魂…神楽坂の裏路地で古民家暮らし。

山形魂…神楽坂の裏路地で古民家暮らし。

山形魂…神楽坂の裏路地で古民家暮らし。

穴が塞がれ、近寄れないようになっていました。

区が所有している土地だと思っていたのだけど、土地の所有者が別にいるとの事。

でも、残念ながら連絡が取れず、対処の方法が無いらしい。

 

仕方ない。

家の中に独立した洗面台がなく、井戸の水を当てにした生活をしていたので、実に不便なのです。

 

でも長年にわたって私有地を地域に開放してくださった方に、

感謝の言葉を伝えたいと思います。

 

どうもありがとう。

僕の好きな風景でした。

 

朝、近所の誰かが井戸を使う、キーコキーコという音で目覚めることがなくなるのは、とても残念です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。




Top