CB1100F

青池→不老不死温泉 ツーリング5日目

2011年06月04日

山形魂…神楽坂の裏路地で古民家暮らし。

鮮やかな苔を見に行こう。

目覚めると窓からは荒れ模様の日本海。

山形魂…神楽坂の裏路地で古民家暮らし。

雨は強くないようなので、距離を走ることになりそうだ。

朝食の後、神秘的な湖青池へ向かう。
北海道の神の子池、世界遺産の九寨溝黄龍を見てから、湖の美しさを信じるようになった。

青い水が流れる様を見ていると、心が洗われるような気がする。
ブナ林の山道に入り、バイクを停めて青池へ向かう。

山形魂…神楽坂の裏路地で古民家暮らし。

この標識の前で雨が雹に変わる。

山形魂…神楽坂の裏路地で古民家暮らし。

痛いよ。

間違いなく白神山地に嫌われている。
雨が降り、より一層みずみずしい苔たち。

山形魂…神楽坂の裏路地で古民家暮らし。

この色は!

山形魂…神楽坂の裏路地で古民家暮らし。

青池を青空の下で見たいと思う。

山形魂…神楽坂の裏路地で古民家暮らし。

昨日、cafe岳で食べた山菜、こごみがいっぱい育ってるよ。

山形魂…神楽坂の裏路地で古民家暮らし。

胡麻和えにしたいです。

バイクに戻った時に、カメラのレンズキャップを落とした事に気づいたので、青池を2回も見れました。
・・・ラッキーだね。
ヘルメットを脱ぐと、頭を雨から守る術がないので、びしょ濡れになるのです。

濡れて凍えたカラダを労るために不老不死温泉へ。
一度、訪れてみたかったのだ。

山形魂…神楽坂の裏路地で古民家暮らし。

ここまで近くに波しぶきが感じられる温泉も珍しい。

大きな波が来ると、海水が温泉内に入り込む。
お陰でぬるい、とってもぬるい。温泉に入っているのに、鳥肌が立っていた。

気温が低く、風も強いので着替えも大変。
露天風呂の佇まいはこんなん。

山形魂…神楽坂の裏路地で古民家暮らし。

ブルブル震えながら走って内湯へ避難したけど、内湯は最高やね!

いい感じに温まったので、少し戻って再び白神山地へ向かうが、県道28号も通行止め。

素直に北上することに決めた。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。




Top