CB1100F

湯殿山神社と雪の壁 ツーリング2日目

2011年06月04日

山形魂…神楽坂の裏路地で古民家暮らし。

行き過ぎは危険です。本当に洒落にならない。

月山越えで鶴岡に向かう国道112号をメインルートにしつつも、最上川沿いを走ったり、通ったことのない道を行くことで、空気神社のマイナスを解消する。
道の駅・にしかわで休憩。

山形魂…神楽坂の裏路地で古民家暮らし。

噴水が名物です。

山形魂…神楽坂の裏路地で古民家暮らし。

建物内には再現された教室がありました。

残雪も見事。
道路にこそ雪はないけど、左右にはがっちり積もる雪雪雪。

山形魂…神楽坂の裏路地で古民家暮らし。

ちょっと湯殿山神社へ寄り道してみる。
脇道を山の方へ。

山形魂…神楽坂の裏路地で古民家暮らし。

雪の壁が楽しくて仕方がない。

山形魂…神楽坂の裏路地で古民家暮らし。

奥へ進むにつれ、壁の高さが高くなる。

山形魂…神楽坂の裏路地で古民家暮らし。

もう5月なのに、この光景。どこまで行けるのか試してみたら、目の前で除雪車が止まってた。

山形魂…神楽坂の裏路地で古民家暮らし。

路面もツルツル。

ホントに滑って転ぶと思ったわい。
凍結した坂道でのUターンも神経を磨り減らす。

山を下る頃には雨。

山形魂…神楽坂の裏路地で古民家暮らし。

里に下りるとそこは春。

満開の桜が雨に濡れていた。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。




Top