未分類

in yazd.

2009年11月28日

山形魂…高円寺の古民家でシェア暮らし。
The bus arrived at YAZD according to time at 4 AM.
ALMASI to sit on the next.
He informed me that he called the hotel at 17 o’clock.
The door of the hotel is knocked on, and the check-in.
had a nap.
山形魂…高円寺の古民家でシェア暮らし。
There was a man who met the same room in Katmandu when awaking.
It seems to have come back from Afghanistan.
Bread was gotten from him and it ate honey putting it.
I think this to be might be acceptable every morning.
@
It enters the mosque in the presence at 11 o’clock.
山形魂…高円寺の古民家でシェア暮らし。
Light becomes a line from the window and it shines in.
@
It walks in the town.
The girl was having them peep at girl’s face from the door in the house.
Eyes were suitable.
It was lovely.
The following operation of the girl was to hide oneself on the inside, and to have closed the door.
It enters the mosque along the street.
山形魂…高円寺の古民家でシェア暮らし。
One a man sat alone and it prayed.
The day was did not hit, and a chilly space in the stained glass.
Let’s revisit it tomorrow morning.
It went out to the plaza. (アミール・チャフマーク広場)
山形魂…高円寺の古民家でシェア暮らし。
It enters the building.
What does the monument of the spade type in front of the mosque mean?
山形魂…高円寺の古民家でシェア暮らし。
There is scenery of the pale brown.
@
It will go to the bazaar.
The spoke of the bicycle of the boy who is playing at the bazaar entrance is anxious.
It seemed that it calculated every time there was a thing like parts of the abacus, and it rotated.
Time zone was bad or half the shop that was the wooden opening was a level in the bazaar.
It comes off the bazaar, and it goes to the old city.
山形魂…高円寺の古民家でシェア暮らし。
The material of the building and the wall soiled of kneading mixing straw.
山形魂…高円寺の古民家でシェア暮らし。
It was felt that it seemed to grow serious if the earthquake occurred fragilely seemed.
山形魂…高円寺の古民家でシェア暮らし。
Labyrinthine.
@
It called from ALMASI when returning to the hotel.
I hear coming in 17 o’clock.
The Shisha is smoked in the rooftop.
山形魂…高円寺の古民家でシェア暮らし。
The drink is a nonalcoholic beer.
It was possible to look about the building that seemed that air conditioning facilities it on the roof.
山形魂…高円寺の古民家でシェア暮らし。
The bird like a white pigeon crosses to the blue sky.
A black cat walks on a flesh-colored clay wall.
Head of mosque that contained green.
It is taught that there is fully a color in the world.
The smoke that I vomit is like a color of the cloud.
It floats on the sky without the cloud and it disappears.
When eyes are shut and the sun is seen, it is red.
The sun was relaxed to the back because it bathed in.
The shadow has expanded if it notices.
I thought that only the other me was growing.
@
It walked on the road like the maze in which it went out to Alexander the great prison at 16 o’clock.
山形魂…高円寺の古民家でシェア暮らし。
山形魂…高円寺の古民家でシェア暮らし。
@
ALMASI came at 17 o’clock.
Even the street took the walking taxi when thinking coming by the car.
It came near to a bakery.
Bread like a rice cracker of the vegetable that kneaded and was crowded was bought, and it gave it to me.
Because everything had been paid up to now, it was told that the bus was good though it was asked which the bus and the taxi was good.
There was his apartment house in suburbs.
It thinks near the mountain of the Zoroastrianism it.
It is consulted , saying that “It wants you to get into college ..craziness and the embarrassment of the son with the personal computer.. and say advice, please”.
One loaf of bread was gotten, and it put it in the bag as it was.
@
The family welcomed it.
It seemed to have bought the apartment house beautifully two years ago.
It is steady so much with the apartment house in Japan.
ALMASI sends healthy eating habits.
It seems to take sugar with not sugar but the fruit and the date palm.
PC is also new.
It talked variously.
$山形魂…高円寺の古民家でシェア暮らし。
The interesting one was a thing that there was Samurai also in Iran.
They who is called [paharawan] exist like gizoku mentioned in Japan.
It was said that it would not drink because he was televising it when green tea was bad for the body.
Because the Japanese had not separately deteriorated its internal organs, it was told it was safe.
Only personal feelings were able to be described though the public sentiment to the United States was asked.
It sat on the carpet, and it ate dinner together.
The meal of the cooking setting up was a chicken soup and a salad that pasta entered delicious.
山形魂…高円寺の古民家でシェア暮らし。
It made spending two time for me.
The garlic of the life was very hot. It doesn’t forget.
@
The note is cut, and it makes it to the paper folding.
The flower of the lotus of the remembrance setting up was grown.
$山形魂…高円寺の古民家でシェア暮らし。
The family photograph was taken.
山形魂…高円寺の古民家でシェア暮らし。
When the photograph data was moved to PC, the memory caught the wog.
@
It returns by taxi at 23 o’clock.
山形魂…高円寺の古民家でシェア暮らし。
The mind was warm.
山形魂…高円寺の古民家でシェア暮らし。
It informed me of ALMASI when it was necessary to connect with the son.
It was a son who seemed to be wise.
※息子からメールが来ました。その日の日記を読み返して、書いてあることを頑張って英語にしてみました。
朝4時、バスは時間通りにYAZDに着いた。
隣に座っていたALMASIは17時に宿へ電話をすると僕に告げた。
宿の扉を叩き、チェックイン。
一眠りする。
目が覚めると、同じ部屋にカトマンズで出会った男がいた。
アフガニスタンから帰ってきたのだそう。
彼にパンを貰いハチミツを付けて食べた。
毎朝、これでも良いかもしれないと思う。
11時、目の前の金曜モスクに入る。
光が窓から線となって射し込む。
街を歩く。
家のドアから少女が顔を覗かせていた。
目が合った。
可愛かったが、少女の次の動作は中に隠れてドアを閉めることだった。
通り沿いのモスクに入る。
男がひとり、ぽつんと座り祈っていた。
ステンドグラスに日は当たっておらず、ひんやりとした空間だった。
明日の午前中にまた来よう。
アミール・チャフマーク広場へ出た。
建物の中に入ってみる。
薄茶色の景色がある。
モスクの前のスペード型のモニュメントは何を意味するのだろう?
バザールへ行くことにする。
バザールの入口で遊んでいる少年の自転車のスポークが気になる。
スポークには算盤の駒のような物が入っていて、回転する度に計算をしているかのようだった。
時間帯が悪いのか、バザールは活気がなく、開いている店も半分程度だった。
バザールを抜け、旧市街へ行く。
建物や壁の素材は、藁を混ぜて練った土のようだった。
脆そうで、地震が起きてしまったら大変なことになりそうだと感じた。
迷路のよう。
宿に戻るとALMASIから電話が来た。
17時で迎えに来てくれるそうだ
屋上で水タバコを吸う。
ドリンクはノンアルコールビール。
屋根の上からは電気のいらない空調設備と思われる建造物が見渡せた。
青い空に白い鳩のような鳥が横切る。
肌色の土壁の上を黒猫が歩く。
緑を含んだモスクの頭部。
世に色はいっぱいあると教えてくれる。
僕の吐く煙はまるで雲の色。
雲を持たない空に浮いて消える。
目を閉じて太陽を見ると赤い。
背に太陽を浴びてリラックスした。
気がつけば影が伸びている。
もうひとりの自分だけが大きくなっている気がした。
16時、アレクサンドロスの牢獄へ出かける。
迷路のような道を歩いた。
17時、ALMASIが迎えに来た。
車で来たと思っていたら、通りまで歩きタクシーに乗った。
パン屋で野菜の練りこまれた煎餅のようなパンを買い、僕にくれた。
カバンに裸のまま入れた。
バスとタクシーどちらが良いか聞かれたが、今まで全て払ってもらっているのでバスが良いと伝えた。
郊外に彼のマンションがあった。
ゾロアスター教の山の近くだと思う。
バスの中で、「息子がパソコンに夢中で困る、大学に行ってもらいたいので何とか言ってやってくれ」と相談される。
家族は歓迎してくれた。
マンションは2年前に購入したのだそう。
日本のマンションとそんなに変わらない印象をうける。
ALMASIは健康的な食生活を送っていて、砂糖ではなくフルーツやナツメヤシで糖分を摂取するのだそう。
PCも薄型で新しい。
色々と話をした。
興味深かったのはイランにもサムライが居るという事だった。
パハラワンと呼ばれ、彼らは日本で言う義賊のような存在らしい。
ヤクザはなぜ小指を落とすかを教えたら大層喜んでいた。
緑茶が体に悪いとテレビでやっていたから飲まないといっていたが、
日本人は別に内臓を悪くしていないので大丈夫と伝えた。
アメリカに対する国民感情を問われたが、個人的な感情しか述べることが出来なかった
絨毯の上に座り、一緒に夕飯を食べた。
炊き立てのご飯は美味しく、パスタの入ったチキンスープとサラダだった。
僕のために2時間かけて仕込んでくれていたそうだ。
生のニンニクが超辛かった。忘れない。
りんごをナイフで日本式に剥いてみた。
3歳の娘もナイフで遊ぶ。
ノートを破り、折り紙に見立てて覚えたての蓮の花を作ってプレゼントした。
家族写真を撮ってみた。
写真データをPCに移そうとしたら、
メモリーがウイルスに感染していてまいった。
23時、タクシーで帰る。
温かかった。
息子と繋がっていてくれとALMASIは僕に告げた。
賢そうな息子だった。
さいごまで見てくれてありがとう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。




Top